2022年07月22日 遠路はるばる小倉まで

7月16日、17日は福岡県北九州市の西日本総合展示場で開催中の「小倉ハンドメイドマルシェ」に出店していましたが、長男が中学生になり、週末も午前中は部活で忙しくなったため、妻と長男は車で向かい、僕と長男は、長男の帰宅後、山陽本線に乗り、西日本総合展示場までで行くことになりました。

小倉駅までの所要時間は約2時間30分です。

宇部駅で乗り換えに30分近くあったため、駅を出て、駅前のスーパーマーケットで昼食を買いましたが、コロナ禍のご時世、駅構内でも、車内でも食事を取りにくく、周囲の人から距離を取り、人目を気にしながら、大急ぎで食べたので、食べた感じもあまりなく…

そうこうしている間に無事に小倉駅に到着しました。

「小倉ハンドメイドマルシェ」では色々なブースを眺めたり、THE CUP by ccrさんのコーヒーを飲んだりしているうちに終了時刻になり、その他大勢の出店者とともに汗だくになりながら撤収作業。

そして、車の運転は妻に任せて、僕と子供たちは、帰りは2020年1月から始まったコロナ禍で遠出の外出、旅行を我慢している子供たちのために、小旅行気分を体験させてあげたいと、新幹線で帰ることにしました。

ただ、コロナ禍以降、新山口駅周辺の飲食店が軒並み閉店しているため、新幹線に乗る前に夕食を食べようと考えたものの、小倉駅周辺の土地勘もなく、とりあえず「何かあるだろう」と駅ビルの飲食店街に向かいました。

各飲食店の店先のメニューを眺めながら、色々と思案していると、子供たちが「ラーメンが食べたい!」というので、思い切って「麺屋 吉蔵」に初挑戦。

なぜ、思い切ってなのかというと…

僕は関西出身のため、子供の頃から豚骨ラーメンを食べる機会がなく、特に筑豊系ラーメン、宇部系ラーメンを食べるとすぐにお腹を壊すぐらいに、豚骨ラーメンに耐性がなく、多少不安に感じながらも食べたところ…

大変美味しくいただけました!

子供だけじゃなく、僕にとっても良い気分転換になりました。